2011年09月16日

「シンプル」に考える

露地双子オーナーの幸島 慎です。これからブログに日々思いつくまま、お店のこと、谷根千のこと、双子のこと(笑)を書いていきたいと思います。

今日は「シンプル」に考えることの大切さについて。

昨日、ぐるなびさんの主催するセミナーがあり、基調講演として楽コーポレーションの宇野隆史さんのお話を聞いてきました。宇野さんは100人以上の若者を経営者に育てた「居酒屋の神様」と呼ばれるオヤジ、スタッフからも「おとうさん」と親しみをこめて呼ばれているみたいです。

講演のテーマは「難しく考えるな!お客さんを楽しませろ。」何だか、ピン!ときました。実際のお話を聞いて印象に残ったことは、

「一つの単純作業でもアイディア、工夫しだいでとても価値のある仕事になりうること」

例えば、ロックの焼酎を一つ出すのでもお皿を敷いたロックグラスと一升瓶をお客様の所へ持っていき、「お好きなだけどうぞ!」と注いでもらう。(あふれてもOK!)これ一つでもこのお客さまがお店のファンになる可能性があるし、何よりそれを提供している自分が楽しい。

お客様を何とか楽しませようとあれこれ難しく考えるからアイディアが出てこない。特別なことをするのではなく、ただ単純に今、普通にしている仕事を自分がもっと楽しむにはどうしたらいいのかを考える。話を聞いてから、日常生活においてアイディアは無限大なんだなと何だかワクワクしてきました。

もう一つ
「人からこれまで人一倍努力して、大変なこともたくさんあったんじゃないかって言われるんだけど、自分にはそんな感覚はない。ただ一日一日を楽しく過ごしてきただけ。」と、

これこそ、真実だと思いました。一般的には、仕事=がんばるものというイメージがありますが、宇野さんの価値観では、仕事も遊びも変わらないんですね。自分もこの部分を日々、追及していきたいです。

「どんな店だったら「自分」が楽しいか?それができればおのずといい店ができる。」

結局は「自分」が楽しんでいれば、それが伝わり、お客様も楽しんでいただけるんですね。

あとは実践するのみ。ブログを書くのも何だかワクワクしてきました(^−^)。


最後に、写真を撮るのも好きなので、「一日一善」ならぬ、「一日一膳」(笑)。露地の料理もブログを通じて紹介していきたいと思っています。

今日はランチで提供した「しらすとブロッコリーのパスタ じゃがいもニョッキ」です。シェフが真心こめて作った手打ちパスタ、最近はランチでも提供してますよ〜。売り切れてたらごめんなさい。

DSC_0007.JPG


posted by sendagiroji at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47990642

この記事へのトラックバック