2011年09月23日

栗のカクテル

昨日の台風はすごかったですね。

夜に雨風が止んだ後に不忍池にランニング(最近の趣味です(^−^)に行ったら大きな木が2本倒れていて道をふさいでてびっくりしました。

幸い露地は定休日だったので良かったのですが、当たり前の日常、お店で言えば毎日きちんと営業できることだけで有難いんだなと改めて思いました。

今日は10月からの栗カクテルの試作をさのはんに作ってもらいました。いろいろと試行錯誤しながらでしたが、カルーアも入れた甘めのカクテルになる予定です。後引くおいしさは女性に人気が出そうな予感です。

DSC_0053.JPG

posted by sendagiroji at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリンク

2011年09月21日

「日常」を楽しむ

名古屋では避難勧告も出るほど、強い台風が来てますね。
そんな中雨にも負けず、18名の送別パーティーをはじめ、本日ご来店されたお客様ありがとうございました。

今日は「本」について。

露地を始めてから本を読むのが好きになりました。本を読むことは自分を高めてくれます。

最近、読んでいるのは、先日のブログでも紹介した楽コーポレーション社長宇野隆史さんの本「トマトが切れればメシ屋はできる、栓が抜ければ飲み屋ができる」。

この本を通して伝わってくることは、ふとした日常に仕事や人生を今以上に楽しくするヒントはたくさんあるということ。何気ない毎日でも自分行動や捉え方次第では面白くて仕方がない毎日になりうるということ。

「ない」ところから「ある」ものをひねり出すのではなく、「ある」ところから「もっとある」ものを引き出す。

今の自分が見失っていたことを思い出させてくれた素晴らしい本です。すべてはベストタイミングで起きてますね。


今日の「一日一膳」の一皿は、シェフGOさんの手作りアニョロッテイ・ダル・プリン。北イタリア、ピエモンテ州の代表的なパスタ、牛ホホ肉を詰めたラビオリです。モチモチ感がたまらない!

DSC_0041.JPG
posted by sendagiroji at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ディナー

2011年09月19日

レモンチェッロカクテル明日までです!

リモンチェッロカクテル(Wレモンソーダ&ベリーレモネード)、予想を上回る人気ぶりに期間延長(当初は8月限定)してきましたが、ついに明日までのご提供となります。

こちらのカクテル、バーテン経験のあるキッチンスタッフのさのはんが考案してくれました。GOOD JOBです!ホントにおいしいカクテルなのでぜひお試しを!また、明日以降も「レモンチェッロカクテルが飲みたい!」とのご要望があれば特別にお作りしますのでお気軽にお声がけ下さい。

そして、10月には栗のカクテルが登場予定です!ご期待下さい。


今日の一皿「豚ホホ肉のバルサミコ煮 ミラノリゾット添え」シェフのGOさん自慢の一品です。香味野菜と一緒にじっくり煮込んだ豚ホホ肉、絶妙な酸味が後を引くおいしさです!サフランを使用したミラノリゾットとの相性も抜群。

DSC_0033.JPG

posted by sendagiroji at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ディナー

「言葉」を選ぶ

根津神社お祭り効果もあり、露地は一日大盛況でした。ご来店いただいたお客様どうもありがとうございました。

今日は仕事中にいつも以上にスタッフ間で声を出し合うことを意識しました。どこのテーブルのお客様がどういう状況か、ドリンクカウンターやキッチンはどんな状況かなどなど、忙しいときこそコミュニケーションが大事になってきます。声を出すと自分自身も元気になるし、周りにも元気を与えられるし、とてもいいことだなと思いました。

また、自分の使う言葉に対しても意識してみました。

例えば、今日は特に忙しかったので(笑)、
「少々お待ち下さい」ではなく、「ただ今、おうかがいします」

ありがたいことに満席でもお待ちいただいたお客様もいらっしゃったので、
「お待たせしてすみませんでした」ではなく、「お待ちいただきありがとうございます」

などなど、言い方を変えるだけで、お客様に与える印象は全く違ったものとなります。明るく前向きな言葉を使うことが、お客様も自分もいい気分になれることにつながっていきますね。

明日は3連休最終日、楽しんでいきます!

今日の一皿は「秋鮭のムース、コンフィ 自家製イクラのタルタルのせ」です。キッチンスタッフ、てらさんの自信作です!
一番上から
@自家製イクラのタルタル
A秋鮭のコンフィ
B秋鮭&生クリーム、バターを混ぜたムース
と3層になっています。イクラは塩、こしょう、しょうゆ少々に漬けた薄味のものとなっており、全体のバランスを整えています。

DSC_0025.JPG
posted by sendagiroji at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お誕生日会&記念日

2011年09月18日

根津神社お祭り!

根津神社のお祭りが17日(土)、18日(日)と行われています。このお祭りと、先日のアド街天国で根津特集が放映された効果もあって、今日の露地は大盛況!
特に夜のハイライト、お神輿は迫力満点、ちょうど露地の目の前を通るので、露地でお食事をしながら窓越しにベストポジションで見ることができておすすめです。まだ若干、明日のディナーのお席もご用意できますのでお早めにどうぞ!

今日の写真は、シチリアの手打ちパスタ「ブシアーティ」クルクルと電話線のような形をしています。シェフは毎日一つ一つ丁寧に手打ちのパスタを打っています。お料理において何より大事なことは技術もそうなんですけど、「気持ちをこめる」ということだと最近特に思います。自分が気持ちをこめればそれはきっと相手に伝わるんですね。

DSCN1712.JPG

posted by sendagiroji at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

2011年09月16日

「シンプル」に考える

露地双子オーナーの幸島 慎です。これからブログに日々思いつくまま、お店のこと、谷根千のこと、双子のこと(笑)を書いていきたいと思います。

今日は「シンプル」に考えることの大切さについて。

昨日、ぐるなびさんの主催するセミナーがあり、基調講演として楽コーポレーションの宇野隆史さんのお話を聞いてきました。宇野さんは100人以上の若者を経営者に育てた「居酒屋の神様」と呼ばれるオヤジ、スタッフからも「おとうさん」と親しみをこめて呼ばれているみたいです。

講演のテーマは「難しく考えるな!お客さんを楽しませろ。」何だか、ピン!ときました。実際のお話を聞いて印象に残ったことは、

「一つの単純作業でもアイディア、工夫しだいでとても価値のある仕事になりうること」

例えば、ロックの焼酎を一つ出すのでもお皿を敷いたロックグラスと一升瓶をお客様の所へ持っていき、「お好きなだけどうぞ!」と注いでもらう。(あふれてもOK!)これ一つでもこのお客さまがお店のファンになる可能性があるし、何よりそれを提供している自分が楽しい。

お客様を何とか楽しませようとあれこれ難しく考えるからアイディアが出てこない。特別なことをするのではなく、ただ単純に今、普通にしている仕事を自分がもっと楽しむにはどうしたらいいのかを考える。話を聞いてから、日常生活においてアイディアは無限大なんだなと何だかワクワクしてきました。

もう一つ
「人からこれまで人一倍努力して、大変なこともたくさんあったんじゃないかって言われるんだけど、自分にはそんな感覚はない。ただ一日一日を楽しく過ごしてきただけ。」と、

これこそ、真実だと思いました。一般的には、仕事=がんばるものというイメージがありますが、宇野さんの価値観では、仕事も遊びも変わらないんですね。自分もこの部分を日々、追及していきたいです。

「どんな店だったら「自分」が楽しいか?それができればおのずといい店ができる。」

結局は「自分」が楽しんでいれば、それが伝わり、お客様も楽しんでいただけるんですね。

あとは実践するのみ。ブログを書くのも何だかワクワクしてきました(^−^)。


最後に、写真を撮るのも好きなので、「一日一善」ならぬ、「一日一膳」(笑)。露地の料理もブログを通じて紹介していきたいと思っています。

今日はランチで提供した「しらすとブロッコリーのパスタ じゃがいもニョッキ」です。シェフが真心こめて作った手打ちパスタ、最近はランチでも提供してますよ〜。売り切れてたらごめんなさい。

DSC_0007.JPG


posted by sendagiroji at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

2011年08月31日

きめこみイラストレーター坪島美里「秋の食材」展

9月1日(木)〜9月30日(金)、露地の奥のスペースにて、きめこみイラストレーターの坪島美里さんによる作品展示会を開催いたします。

キメコミという手法は、下絵を描いた発砲スチロールのパネルにカッターで切り込みを入れ、その部分に布を埋め込んで作る手法です。

元々は「木目込み」という、木型に布を埋めて作る手法です。

これは、今からおよそ260年前の江戸元文年間に、京都の上賀茂神社に仕えていた高橋忠重という人が作った小ぶりの人形「木目込み人形」が始まりとされています。

DSC_0034.JPG

DSC_0035.JPG

坪島さんが描くのは平面的な世界ですが、この手法により、もこもことした独特な風合いが出来るのが特徴となっています。

今回、露地では「秋の食材」をテーマに、今までに見たことのない華やかな作品が展開されています。

期間中、展示&販売も行いますのでご興味のある方はぜひご来店くださいませ。

DSC_0038.JPG

DSC_0043.JPG



坪島美里プロフィール
1977年生まれ
東洋美術グラフィックデザイン科卒
5年間のデザイン事務所を経てパレットクラブに通う。
以降、布を使った「きめこみイラストレーター」として活動開始。
雑誌、情報誌、装丁などで活躍中。

ホームページ
http://www.kimekomihouse.com/
posted by sendagiroji at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お店情報

2011年07月31日

夏のリモンチェッロコレクション

早いもので、明日から8月です!
8月といえば夏本番!そして夏真っ盛り!
花火やお祭り等、イベントも盛りだくさん、楽しみですね! ヽ(​゚`∀´゚)ノ
 
今回、露地では、夏にピッタリで喉も心も体も潤う『リモンチェッ​ロ』をつかったイベントを開催致します! 
...

∴‥ ★ ★               ★ ★  ・∴
∴・☆ ☆ ┃リ┃モ┃ン┃チ┃ェ┃ッ┃ロ  ☆ ☆‥∴
‥∴ ★ ★┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━ ★ ★  ∴・
・☆  ☆ ┃コ┃レ┃ク┃シ┃ョ┃ン    ☆ ☆ ‥
∴‥ ★ ★┗━┗━┗━┗━┗━┗━   ★ ★  ・∴
  ≫≫期間限定8月1日(月)〜8月30日(火)≪≪

 暑い夏はここから!
 そんなのどの渇きは『リモンチェッロ』でスカッとさわやかに潤​しましょう♪
 
 さて皆さまは『リモンチェッロ』をご存知でしょうか?

 『リモンチェッロ』はレモンの皮をアルコールに漬け込み
 つくられるシンプルな地酒。

 イタリア南部のアマルフィ産のリモンチェッロは、
 着色料、保存料、香料なしの純粋手作りの最高峰です。
 
 アマルフィ産レモンは日本のレモンの約3倍の大きさがあり、
 他と比べて苦味が少なく色とその香りの良さが特徴です。

 今回露地では、そんな『リモンチェッロ』を
 夏にむけて♪カクテル&ドルチェにしてご用意しました。

 ☆。・'*:.『リモンチェッロ メニュー』─────
 
  『リモンチェッロ×レモンソーダ』  750円 

   イタリアアマルフィ産のレモンを使ったリモンチェッロとシチリア産のレモンジュースに
   キンキンに冷やしたソーダを入れた夏にぴったりのカクテルです。

 DSC_0064.JPG
 
  『リモンチェッロ×ベリーレモネード』 750円 

 ミックスベリー&ストロベリーリキュールを使用した女性に人気のオリジナルカクテルです。

223603_254172467944022_205586912802578_973574_2864869_n[1].jpg
 
 
  『リモンチェッロとマスカルポーネのムース』 500円 

  マスカルポーネチーズをたっぷりと使い、爽やかなレモンのリモンチェッロ煮をのせたドルチェです。
DSC_0045.JPG

ご来店を心よりお待ち申し上げます。 
posted by sendagiroji at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | フェスタ

2011年07月18日

御礼 トスカーナフェスタ

DSC_0002.gif

遅くなりましたが・・・

夏のイタリア トスカーナ州 フェスタ」が 7/12(火)で大好評のうち無事終了いたしました。

沢山のお客様にご来店頂き、誠にありがとうございました。
この場をお借りして御礼を申し上げます。

今回の「夏のイタリア トスカーナ州 フェスタ」、
特に人気があったメニューは、「ツナと白インゲン豆のインサラータ」
「ランプレドット」(写真参照です。)
「手打ちパスタのピィチやテスタローリ」
「チンタセネーゼ豚のグリリア」でした!
 ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

またブログでも紹介しました「トスカーナ州のチンタセネーゼ豚」はお蔭様でアッという間に完売でした。
 オォ-(o゚Д゚ノ)ノ
 
暑い時期だったので、ワインも3種類のキャンティをはじめ、
トスカーナの2種の白ワインも、皆様によくご注文いただき好評でした。
チンッ☆Yヽ(´∀`)ノ

また、皆様に楽しんでいただく為に、色々なイベントを考えていきますので、よろしくお願い致します!
posted by sendagiroji at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | フェスタ

2011年07月07日

いよいよ12日まで!トスカーナ州フェスタ!

DSC_0026.gif

いよいよ12日(火)までとなりました!夏のイタリア♪トスカーナ州フェスタ!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 \2011年7月1日(金)〜12日(火)迄開催/
■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■
   夏のイタリア トスカーナ州 フェスタ  
■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■

多数のお客様にご来店いただき、トスカーナの郷土料理を楽しんでいただいております。本当に有難うございます。

トスカーナ料理・・・なかなか横文字が多く、わかりづらい部分もございますが(笑)スタッフが丁寧に説明し、お客様にお勧め致します。
(一応、手書きのトスカーナ料理表も作りました!)

中でもおすすめなのが、「チンタセネーゼ豚のグリリア」

トスカーナの幻の豚と言われているチンタセネーゼ。
チンタとは「帯」、セネーゼは「シエナ産」という意味らしく、胴回りが帯状に白くなっているかわいい黒豚さんです。
豚は飼育に180日かかるみたいですが、チンタネーゼは3年半もトスカーナの山奥で放牧されているらしいです。
脂身もジューシーで、とにかく美味しいです!


また、イベントと致しまして抽選で露地のお食事券が当たるトスカーナクイズも開催しておりますので、是非ご参加下さい。

12日(火)までのトスカーナフェスタ、残り6日間です。ご来店をお待ちしております!

★─★【 トスカーナのおすすめ郷土料理 】★─★

「ランプレドット」
牛の赤センマイを香味野菜、白ワインで煮込みました。ワインにもよく合います。

「フルーツトマトのパッパ」
パンのトマト煮です。トマトには糖度の高いフルーツトマトを使用しております。

「リボリータ」
お豆とパンを使った、トスカーナの家庭料理の代表的なスープです。

「手打ちテスタローリ ジェノベーゼ」
クレープ状になった手打ちパスタのテスタローリです。ジェノベーゼソースと合わせるのが定番です。

「鮮魚のカチュッコ」
鮮魚と魚介のトマト煮です。魚介がたっぷりと入っています。

「チンタセネーゼ豚のグリリア」
トスカーナの幻の豚と言われるチンタセネーゼ。脂身もジューシーで美味しいです。

※旬の食材を使用している為、お料理は変更もございます。


posted by sendagiroji at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | フェスタ